ゆたか建築設計事務所

blog

セレモニーホール新富士

渡辺 慎太郎 更新:2009/8/28

ど?もお世話になっております、渡辺です。
ずっとご無沙汰でしたので、以前紹介していた現場も無事竣工しています。
以前紹介していた現場は‘セレモニホール新富士’といいまして葬祭場です。
普通の葬祭場と違い、かなり今風といいますか、近代的な意匠としました。
かなり意匠も細部にまでこだわってデザインしましたのでかっこよく仕上がったと思います。
とにかく無事オープンできまして安心しました。

右の黒い部分は以前紹介した御影石を張りました。
かなり面取りが効いていていい感じに仕上がりました。
正面の真っ白い壁は左官仕上でシンプルにしました。
奥のシルバーの壁っぽいのはすべてアルミ格子です。
特注で造り高さも10mぐらいあり、メーカーでもこんなに大きいのははじめてとのことでした。

内部も白を基調にして、シンプルにデザインしました。
床も石をジェットバーナーと磨きの仕上げをデザイン貼りして仕上げております。
階段も大きく存在感があります。
階段登りあがったところは、クロスを貼り分けて感じを変えてあります。

葬儀ホールも間接照明やクロス、タイルカーペットの貼りわけで今までと違った葬儀ホールとしました。

夜もしっかりとライトアップしてあります。
大型庇の壁部分もダウンライトを埋め込み演出したりと、こだわってデザインしました。
内外部共しっかりとライトアップしてあるのでとてもきれいだと思います。

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事