ゆたか建築設計事務所

blog

ゼロネネルギー住宅など最近の住宅環境について

渡辺 慎太郎 更新:2015/3/30

ど~もお世話になっております、渡辺です。

住宅環境は著しく変化したな、と最近つくづく思います。

私が3年前に設計した住宅と現在の設計している住宅では、すべての性能が格段に違うと感じます。

当時の普通が、今では『古い』と感じざるおえません。

過去を考えても、数年でここまで住宅設計が変化したことはないのでしょうか?

まあ当然、住宅の建築工事費の坪単価もかなり上がりましたが…。

昔は、格安を謳っていたハウスメーカーも、今ではあまり坪単価強調しなくなりましたよね…坪20万台からなんて言ってる会社は皆無では…。

逆に、どの会社も断熱性能、耐震性能、創エネルギーを強調しています。

ハウスメーカーはこの時代の流れにすんなり乗っていきますが、地元の工務店レベルですと全然ついていけてないのが現状ではないでしょうか…。

自分で言うのもなんですが(笑)、弊社は普通にこの流れについて行っているなと感じます。

まあ、ひとえに事務所スタッフが優秀でこの環境設計・耐震設計を勉強してくれているおかげだと思いますが…。

長期優良住宅、認定低炭素住宅、最近ではゼロエネルギー住宅と、どんな住宅にでも対応しています。

弊社は設計事務所なので、どうしても複雑な平面になり、長期優良住宅の耐震性の確保が難しいと思うのですが、すべて対応してくれています。

ゼロエネ住宅の設計も、当初は難しいのかなと考えていましたが、事務所員は長期優良住宅より全然楽です!と言う有様です(笑)

現在設計している住宅は、ゼロエネ住宅の考え方が主流になってきたかなと考えます。

いや、税制優遇も考えると、長期優良住宅の併用ですかね。

ゼロエネ住宅は今現在、補助金も結構でますし、消費税も上がる前ですので、住宅建てるなら今でしょと思いますね(古いな…苦笑)。

弊社は大変複雑な申請業務も、外部に頼まず自社で対応しています。

詳しいお話をお聞きになりたい方は、是非事務所まで遊びに来てください。

 

ちなみに写真は現在私が携っている住宅ですが、長期優良住宅の認定を取得、断熱性能は認定低炭素住宅レベルとなっています。

設備も太陽光設置、HEMS対応ですね。

DSC_0431

 

 

 

 

 

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事