ゆたか建築設計事務所

blog

住宅の敷地の選び方

滝井 恵子 更新:2014/10/21

こんにちわ、滝井です。

大分涼しくなりました。
朝夕の寒暖の差が激しい季節なので、体調を崩さない様お気を付けくださいませ。

さて、これから建てようとしている住宅があります。
建て替えではなく土地を購入して、そこに建てるといったものです。

敷地選びは施主様がしたのですが、少し問題が。
都市計画法より規定された「準防火地域」でした。

何が問題かというと、サッシがとても高くなります。軽く2倍は跳ね上がるでしょう

「準防火地域」の場合、普通のサッシではなく”防火設備”と呼ばれるサッシを設置しなければならないのです。
勿論全てというわけではないのですが、かなりの割合でこの”防火設備”になります。

で、このお家、全てが”防火設備”になりました

他にも、軒裏とか、キッチンの換気扇とか、外壁の仕様とか、サッシ程ではないのですが金額が上がります

これが「準防火地域」に家を建てるという事です。

「防火地域」でもほぼ同じ事が言えますが…

こちらの敷地は他にもお金の掛かる事が発生しています。
今回は文字ばかりなので、あまり長々書くのも読んでいて辛いものもあると思いますので、次回、機会がある時にそれについては述べるにします

結論

日当たり、学校や店舗、駅からどのくらいの所か、ということも大切ですが、
防火地域、準防火地域か否かも同じくらいに大切です。

さて、防火設備になると何故金額が上がるか。

それについては、お気軽に滝井までお聞きください。
お待ちしています

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事