ゆたか建築設計事務所

blog

天間東公会堂 新築工事

吉永 敏久 更新:2012/9/14

富士市内の天間東町内会様発注による天間東公会堂新築工事の
設計監理を担当しています。
約40年前に建てられ老朽化した旧公会堂を解体し、
鉄筋コンクリート造による新公会堂の新築工事です。

旧公会堂は傾斜地に建てられていた為、新公会堂は傾斜地を掘り下げ、
側面からの土圧を鉄筋コンクリートの建物本体が受けるという、
施工難度の高い計画となっています。

新公会堂は、今後予想される東海地震では、町内会の救援活動の拠点となる様に、
誰もがわかりやすく利用できるユニバーサルデザインとバリアフリー仕様です。
町内会の皆様に長く愛される公会堂となる様に一生懸命、業務に励みたいと思います。

  

  

  

  

現在、溶岩層の掘方に大苦戦中です。

完成予想図

——————————————
◆工事概要

発 注 者 :天間東町内会様
設計監理:ゆたか建築設計事務所
施  工 :平和建設株式会社

構造:鉄筋コンクリート造2階建て
面積:240?
——————————————

吉永敏久

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事