ゆたか建築設計事務所

blog

富士山登頂

渡辺 慎太郎 更新:2013/8/27

ど?もお世話になっております、渡辺です。

先日、施主様(某企業)の富士山登頂企画に自ら志願して参加させていただき、世界遺産である富士山に登ってきました。
普段、一切運動をしなくなった私にとっては、まさに地獄でした(笑)

富士宮口5合目から登り始め富士宮ルートで頂上を目指しました。
大変な混雑を予想していたのですが、平日のせいなのかわりと空いていました。
私は静岡県民でありながら初富士登山でしたので何もわからずひたすら登りました。
富士宮口が一番急でハードだと聞いて内心ビビってもいました。
ヘタレの私は、6合目超えて新7合目で正直クラクラしだしました。
次にやっと8合目だと思ったら元祖7合目ですって……正直「ふざけんな、なんじゃそりゃ」と思いました。
8合目でクラクラも限界でこりゃダメだ…と思いましたが、施主様側の若い女性社員が普通にリタイアせず登っていましたので、
こりゃ恥かけんと思い、【ウイダーinゼリー】でエネルギー補給してやりました。
なんか効いてきた?と思った矢先、登山のリーダーの方が「ここからが本番で一番キツイ」と言われ、私の心はまた折れました。
ただ、ゆたか設計を代表して登っていますので、私だけリタイアしたら会社の恥だと思い、肥満で不健康な体に鞭打って登り始めました。
もともと岩だらけでキツイ道でしたが、さらに急で岩だらけになってきました。
そして、何とか9合目到着、次はやっと頂上かと思いましたが、またお得意の9合5勺ですって…「ハイハイ…なれました(怒)」
そこから先は5歩進んで休む的な亀さん状態…私の先をグングン登る社長様(60歳超え)…自分の体力のなさに悲しくなります。
なんだかんだで何とか登頂…ほぼビリで(苦笑)
ただ去年より1時間近く早く登るハイペースだったようです…よくついていったと自分を褒めてあげました。
しかし、登ったのもつかの間、剣が峰に休まず行きました…皆様体力ありすぎで、少し恨みました(笑)
何とかついていきまして(ここがまた急勾配できつかった)一番高い所まで行けました。
日本最高地点…やはりここまで来たときは感激しました。
ただ正直、富士山の頂上の景色は岩ばかりで殺風景でしたね。
雲で景色も眺められませんでしたし…。
下から眺めるのが一番キレイだと実感した登山でした(笑)
まあ、ご来光を見ればまた違ったのでしょうが、お昼を食べ下山しました。
先方の若い新入社員は走るように下山してあっという間に見えなくなりました…若いっていいな。
私も、帰りはほぼノンストップで下り、5合目についた頃には私の下半身、特に膝は終わっていました。
そして次の日、私は会社の階段すら登るのが困難になっていました。
ただ、2日目でなく翌日に筋肉痛になったので、まだ若いなと錯覚していましたが、翌日はさらに悪化&風邪をひきました。

しかし、体力のない私でも登れましたし、心配した高山病にもなりませんでした…まぁ小学生も登っていましたからね…。
ただ、もう会社命令以外で登ることはないだろう…と心に誓いました(笑)

軽い殺意を感じたのを覚えてます。

頂上について最初の鳥居を見たときは嬉しかったです。
皆様頂上の景色はいかがでしょう?

日本最高地点

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事