ゆたか建築設計事務所

blog

建築巡礼

稲葉 隼人 更新:2015/1/23

こんにちは稲葉です。

新しいものと古いものが自然に融合している、魅力的なポルトガルの街を紹介いたします。

ポルトガルの街のイメージってそんなになかったのですが、

アズレージョと呼ばれる装飾タイルが、ポルトガル建築の多くで主要な要素となっていて、駅や教会など街中で見れます。

描かれているのは、ポルトガルの歴史的・文化的要素を記録していて、歴史の深さと独特な雰囲気な街並みです。

壁面アートは、アズレージョ以外にもいたるところにあり、街が楽しいです。

 

 

歴史地区を少し離れると、現代建築があります。

本で見たことのある建物ですが、実際に見ると気積の感じ方が違いました。図面や写真も大事ですが、現場が重要ですね。

図面の仕事も多かったですが、今年は、現場に行き、体で感じとろうと思います。

 

いろんな街にある建物を見ることで、日々の仕事にとても刺激されました。

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事