ゆたか建築設計事務所

blog

松の実保育園

渡辺 慎太郎 更新:2013/6/16

ど?もお世話になっております、渡辺です。
少し遅くなりましたが、以前紹介した保育園が無事竣工&開園いたしましたので、
ご紹介します。
木造平屋建で敷地が少し変形した土地でしたので、敷地の形状を活かしL字にPLANしました。
運動場面に広い廊下が欲しいとの要望でしたので、L字に長く運動場なりに廊下が面しております。
また、各保育室が廊下により採光の確保が難しかった為、吹抜けを造り、採光通風共に確保できるような設計となっております。
内外装共に木の風合いは保ちつつあまり山小屋風にならないようなシンプルでキレイ目なデザインを心がけました。
内装はまたUPします。

外観は切妻で、白い壁と木の色合いのバランスを重視しデザインしてあります。
木はしっかりと使っておりますが、あまりコテコテしないようなシンプルなデザインです。

L型の長い土間通路です。
軒の深い下屋で雨に濡れずに玄関まで行くことができます。
大変長い通路な為、垂木をわざと露出にし連続性をだしアプローチの意匠のアクセントにしてります。
壁にも板を張ってありますが、節のない木を使っている為、あまりコテコテせず木を使った面が多いですがシンプルなデザインになっております。
下屋部分はすべて木サッシにしあり、大変わかりにくいですが、運動会等の外でのイベント時には、木サッシはすべて外壁部に収納できるように設計してあり、父兄は廊下で応援できるようにデザインしました。ここが大工さんが一番苦労した所です。(網戸もすべて外壁内に収納できます。)

L字の真中に当たる部分が玄関なのですが、最初は「魔の玄関」でした。
あまりにガラスがキレイな為、何人もガラスに突っ込みこりゃまずいと思い、あとから腰部分をフィルム貼りしました。(写真はフィルム貼りする前です)

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事