ゆたか建築設計事務所

blog

H26年度太陽光買取価格決定

ゆたか建築設計事務所 更新:2014/4/14

H26年度の太陽光買取価格が決定致しました。

・10kW以下余剰電力買取価格(主に住宅用太陽光)については、37円/kWh(前年度は38円)
買取期間は10年間

・10kW以上全量買取価格(主に産業用)については、32円+税/kWh(前年度は36円+税)
買取期間は20年間

10kW以下の太陽光システムについては前年度より1円下がりとなりました、これにより実際の売電金額がどれだけ下がるかというと、年間にしておおよそ3000円程度売電収入が減る事になります。(4kWシステムの場合)全量買取については前年度より4円下がりとなり、10kWの太陽光システムを組んだ場合に年間4万5千円程度売電収入が減る事になります。

数字を見て頂くとわかるように10kW以下のシステムについてはそれ程大きな影響はありませんが、10kW以上のシステムについては大きな影響がありました。太陽光発電システム自体の需要は増加している為、機器の価格はこれから下がっていく事は考えられますが、買取価格については今後上がるという事は考えがたい為、大容量の太陽光システムを考えている方は次期の見極めがより重要になってきました。

お考えの方は是非ご相談下さい。また今後の動向について随時ご報告致します。

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事