ゆたか建築設計事務所

blog

T様邸・K様邸

久保田 恵里 更新:2015/2/15

お久しぶりです久保田です。

今回は私の担当している物件の進行状況を2件紹介させていただきます。

 

1件目はT様邸です。

T様邸は古材を利用した太鼓梁のある勾配天井の空間と

DSCN1441

新材で作った太鼓梁のこれまた勾配天井の空間が特徴的です。

DSCN1445

現在はこんな感じでまだクロス、塗装がしてなく建具も入っていませんが、

両方とも中々いい感じの空間になりそうです。

 

2件目はK様邸です。

K様邸はLDKの大きな吹き抜けと、

そこにつながっているデッキスペースが特徴的な住宅です。

現在はデッキを設置し、

休憩やご飯を食べたりしたら気持ちが良さそうなスペースが出来ました。

DSCN1436

施工するための板が渡してあり、吹き抜けはまだよく分かりませんが、

LDKからの写真です。左側がデッキになっています。

DSCN1438 DSCN1439

 

 

また、昨日及び本日、光冷暖の体感会を開催させていただきました。

多数のご来場頂きありがとうございました。

DSCN1466

光冷暖システムは、壁・天井とラジエータの表面に特殊セラミック加工をおこない、

光エネルギーにより室内環境をコントロールするシステムです。

エアコンのように不快な気流や、部屋ごと及び床から天井までの温度差が少ないため、

快適な空間をキープすることが出来ます。

来週の土日(2/21・2/22)も開催予定ですので興味のある方はぜひこの機会にご来場ください。

Share Button
  • 前の記事
  • 次の記事