お客様の良質な製品作りを、設計でサポートいたします

お客様の良質な製品作りを、設計でサポートいたします

ハード面の対策なら

ゆたか建築設計事務所の「HACCPに基づく施設設計」

HACCP(ハサップ)とは、簡単に言えば、原料受入れから最終製品までの各工程ごとに継続的な監視・記録と管理を行うことで安全性・健全性・正常性を確保するための手段のことです。

厚生労働省より「令和3年6月1日から原則としてすべての食品等事業者の皆様にHACCPに沿った衛生管理に取り組んでいただく」という旨が発表されており、今まで以上に衛生観念は厳格なものになっていくことでしょう。

ゆたか建築設計事務所は、お客様のニーズを汲み取り、より高い品質・生産性が望めるような施設設計を提供いたします。

Thoughts

ゆたか建築設計事務所の考え

工程・生産性を踏まえたゾーニングや設備機器を提案し、不衛生になり得る要素を取り除きます。

ゾーニングとは製造施設の中を区域(製造工程や洗浄度等)ごとに分けることです。移動による交差汚染を防止し、製品の安全を確保します。
工場の規模によっては、清潔区域と汚染区域の2ゾーンに分けるだけでも安全性の向上が望めます。

また人から製品への汚染を無くすための衛生準備室(サニテーション)を確保することや、メンテナンスや掃除のしやすい内装の選択や施工方法であったり、その区域・区域間の衛生環境に合わせた空調・換気システムの導入等、施設・設備面での衛生対策も必要です。

それぞれの区域に合わせた設備が必要
それぞれの区域に合わせた設備が必要
シートシャッター
シートシャッター
エアーカーテン
エアーカーテン
ウェットエリア、自動水洗
ウェットエリア、自動水洗
作業エリア清潔区
作業エリア清潔区
陽圧空調
陽圧空調
殺虫灯
殺虫灯

Thoughts

ゆたか建築設計事務所の考え

最適な動線の形を見出します

作業工程の動きを見直すことで作業員の動きにムダがなくなり、生産性の向上に繋がります。ゆたか建築設計事務所は経験と綿密なヒアリングから、お客様の生産工程においての最適な動線を導きます。ぜひご相談ください。

最適な動線の形を見出します HACCP対応施設の設計実績をみる

ゆたか建築設計事務所では、
立地環境から施設構造設備に至るまで、
最適な衛生環境を実現いたします。

ぜひ一度ご相談ください。

YUTAKA Architecture Design Office

株式会社ゆたか建築設計事務所

tel0545-55-0217

受付時間 9:00-17:00(土日祝定休日)

メールでのお問い合わせ よくあるご質問はこちら